動詞をマイナスにするend up

end upは「~することになる」「ハメになる」とマイナスの行為を表す言い方です。
at lastを文末につけても同じ意味ですが、英会話ではこのend upがなぜかよく好まれます。
動名詞の場合はend up ~ing、直接名詞が来る場合はend up in 名詞の形になります。
前置詞がいる、いらないに気をつけましょう。

ずいぶん長い間会話で多用されている表現です。うまく使えなくても知っているだけでも リスニングで特をしますので、英会話学習者には必須の表現ですよ。使えるようになるまで徹底的に復習でも出していきますので、 その点は安心してもらって大丈夫ですよ。英会話は反復練習すれば絶対にできるようになるのです。逆に言えば、反復練習 せずに進むだけでは絶対に上達しません。ですので、常に習ったことを反復して音読するなどの復習をしましょうね。



A: He used to be with her.
B: Really?
A: But they ended up breaking up.

He was with her
But they broke up

① I worked for the company
But I quit in three years

② I walked to the office for my health
But I took a bus soon

③ He over slept everyday
So he was fired

④ She talked only with guys
So she stood alone from other female friends

⑤ She gave money to him
And she used up all of her savings

Practice

1.

2.

3.

4.

5.

6.

江尻:今日はend upです。まずはテキストの例題をみてみましょう。 しっかりとゆっくりでいいので間違えないようにみていきましょう。

A: He used to be with her.
B: Really?
A: But they ended up breaking up.

He was with her
But they broke up

新太郎:endは「終わる」ですよね。後ろにupがついてingになってますけど・・・

江尻:パッとみは意味がわかりずらいですね。これは会話でよく出る使い方なので すが「~するハメになってしまう」「~することになってしまう」というマイナスの 事柄に対して使う言い方です。このような訳をとればわかりやすいですが、実際にはこのような 訳をとらず、~した、とだけ訳す場合も多いので、ちょっとこの点ではややこしいです。

谷:ふ~ん・・そういえば映画のスクリプトで昔見た記憶があります。意味がよく わからなかったので素通りした記憶が・・・

江尻:これは辞書で引くか、もともと知ってないとわからない表現ですからね。 昔も今も使われる言い方なので、ぜひ覚えましょう。

新太郎:used toは過去の習慣でしたよね。「~していた」っていうやつ。

江尻:はい、その通りです。現在形はI workなどとすると全部習慣的なことに なりますが、過去はI workedだと一回きりの行為になります。過去で「~していた」 と習慣を表すためにある言い方ですね。wouldでも似たような感じです。

新太郎:be used toってのもありましたよね?

江尻:よく覚えていますね!be used toは「~に慣れている」で全く違った 意味です。ただよく間違えられるのでしっかり覚えましょうね。ちなみに be used toの後ろは名詞、つまり動詞なら進行形にして動名詞にします。 used toの場合は原形です。わかりやすい英会話教材にも登場する英文法です。

新太郎:そうそう、ごっつわかりにくいんですよ、これが・・

江尻:両方覚えようとすると間違うので、片方だけ覚えましょう。 そうすれば混乱せずにすみますよ。

さて、それでは練習問題にいきましょう。テキストをみてみましょう。 A: He used to be with her.
B: Really?
A: But they ended up breaking up.

He was with her
But they broke up

まずは上の文章を習慣のused toを使った文章に変えます。 次に下はend upを使った文章に変換してみてください。 これはそんなにむつかしくありませんね。ただ間違いのないようにゆっくりやりましょう。

さてそれでは1番からやってみましょう。

<上のやりかたで練習問題の、1~6を変形させましょう。解答は下をどうぞ。>

新太郎:I used to work for the company. But I ended up quitting in three years.

江尻:正解です。「その会社に勤めていた」「でも3年でやめることになってしまった」です。

新太郎:inは「~以内に/で」でしたよね?

江尻:その通りです。forは「~の間」で継続でしたね。このforとinもよく間違えられるので 気をつけましょう。それでは次は?

新太郎:I used to walk to the office for my health. But I ended up taking a bus soon.

江尻:正解です。「会社まで健康のために歩いていっていた」「でもすぐにバスにのることになってしまった」 です。

新太郎:I took a busでもよさそうですけど・・

江尻:大丈夫ですよ。ただ話し手がマイナスの事柄だと思って話しているのでこの形になっています。 これを相手から言われたら、その人がそのことについてよく思ってない、というのがわかります。 それでは次は?

新太郎:He used to over sleep everyday. So he ended up being fired.

江尻:OKです。「彼は毎日寝過していた」「だから、彼はクビになるハメになった」ですね。

新太郎:he ended up firing.じゃないんですか?

江尻:fireは「クビにする」という意味です。「彼」は「クビ」になる側なので、受身 にする必要があります。受身はbe P.P.ですね。end upの後ろは進行形なので、beingに なっています。よい英会話学校 でも教える文法です。


相互リンク
後遺障害


新太郎:なるほど!わかりやすいです!

江尻:それでは次は?

新太郎:She used to talk only with guys. So she ended up standing alone from other female friends.

江尻:OKです。「彼女は男性としか話していなかった」「だから彼女は他の女友達から孤立すること になってしまった」ですね。

新太郎:よくありがちですね・・・stand alone「孤立する」はなんとなく想像できて覚えやすいです。

江尻:何度か見ながら覚えましょうね。それでは次は?

新太郎:She used to give money to him. And she ended up using up all of her savings.

江尻:彼女は彼にお金を貢いでいた。それで彼女は貯金をすべて使うことになってしまった、ですね。 use upで使い果たす、と、動詞upの使い方も非常に良かったです。大正解です。

新太郎:これまた恐ろしい例題で・・・でも「貢ぐ」ってgive moneyなんですね。

江尻:これもスラングを使えば別にして、「貢ぐ」に当たる一単語がないんです。なので、 この形になります。あ、でもお金じゃなくて物を貢ぐ、という人はgive presentsとなります。

さて、それでは今度は私が日本語で問題を言いますので英語にしてみて下さい。

<上のやりかたで練習問題の、1~6を変形させましょう。解答は下をどうぞ。>

問題
① 昔はもっと飲んでいた
② 彼は車を売るハメになってしまった
③ 若い頃はエアコンなしで生活していた
④ 計画を立て直すことになってしまった

新太郎:I used to drink more.

江尻:正解です。まちがってbeforeを入れませんでしたね。used to自体が「以前~だった」 なのでbeforeは入れません。このポイントは見落とされがちで、案外みなさん、beforeを 居れてしまいがちですが、いれると間違いになりますので注意しましょね。それでは次は? これも、今までの流れでいきましょう。良い感じにできていますよ。

新太郎:He ended up selling his car.

江尻:OKです。それでは次は?

新太郎:I used to live without an air-conditioner when I was young.

江尻:はい、正解です!when節もきっちりいけましたね。それでは次は?

新太郎:I ended up making my plan again.ですか?ちょっと自信ないです。

江尻:大丈夫ですよ!againを入れて「作り直す」をうまく表現しましたね。 re-makeを使ってもいいですね。その場合はagainはいりません。

それでは本日はこれまでです。 それではお疲れ様でした!!

end upは普通の人は英会話でat lastやfinallyなどを使って言い回す部分に 相当します。ただ最近の会話がend upよりなので、こちらも身につけておくと ネイティブに一目置かれるようになります。映画などで聞こえた時もend up はマイナスの行為という風にとらえればよいでしょう。 このような考え方ができるようになるだけで中級者の仲間入りができるのです。

日記
年明け風邪をひき、半グロッキー状態でした。 毎年年末か年明けのちょっとホッできる時に風邪をひくのですが、 今年は症状が変です。 まず、ひいた初日は喉が痛くて微熱。 2日目は喉は痛くないものの、セキとクシャミ。 3日目は頭痛と鼻づまり